tlunaのwork

フリーランスになって保険を考えてみた

保険を考えてみた フリーランスになって銀行で口座を作るついでに保険についても紹介を受けました。 私のライフプランの中にはなかった保険、まだ結婚する相手もいないのでそこまで考えなくてもいいかな?と思ったのですが、税金対策の一部として聞いてみました。 保険のいいところ 困ったときに対して対応することができる 医療保険等 生命保険は満期後も受け取りを伸ばせば払った金額よりも多くの金額を受け取れることができる とーか、色々考えてみましたが、 私の都合的には保険に入れないことになりました。 個人で入るとしたら保険は保険で考えた方が良いのかもしれないけど、節税面ではこっちがいいのではないか?という結論に至りました。 個人事業主の場合は選択肢が多い 選択肢は下記の通り(一般企業勤めの人も可能なものもあるけど制限が違う) 国民年金基金 iDeCo 小規模企業共済 種別 受け取り開始 メリット デメリット 国民年金基金 65歳以降 全額所得控除になる 物価スライド制非対応 iDeCo 60歳以降 全額所得控除になる 30年後の受け取りにおいては、1500万円までは課税対象外 - 小規模企業共済 廃業時 全額所得控除可能 受け取り時には税金が普通にかかる 保険はさておき、控除可能なものがこれだけあるわけです。 そして全額控除。 ものすーごく儲かっていたら、余力をこれに突っ込むだけで将来安泰なんじゃないか。。。 Read more →

2019 07 11robot Clear

ロボット掃除機にIoT器機を載せて、回路に接続しないといけないか?と思ったのですが、私の購入したこの「Eufy RoboVac 11S」は、意外や意外 赤外線での通信をしていたのです。 つまりは、以前書いた記事IoTなものを作って電源を節約しよう。これと同じ仕組みでロボット掃除機を操作できることが分かりました。 まさか、こういうハイテクな器機がただの赤外線だったとはかなり盲点です。 値段もかなり安いので、これを季に買ってみるのもいいかもしれません。(そもそも、IoTメインで買ったのでかなり満足です) Read more →

ロボット掃除機を買ってみた

ロボット掃除機を買ってみました。 これを使ってIoTで何かできないか?って考えです。 高いモデルを買っても本当に欲しい機能は得られないと考えて(部屋が狭いのと、時間短縮にはまったくもって興味がないので 問題点 今のところ感じたのは 段差として乗り越えて欲しくないところを乗り越えてしまう。 落ちては困るところ(玄関の入口)の段差少ないのでそのまま落ちてしまう。 そしてそのまま戻れなくなってしまう 乗り越えてしまっては問題なので、対策を講じる必要があるかなと。 対策 乗り越えて欲しくないところを乗り越えてしまう ゴムテープなどで段差をさらに高くする いつもそこに物体を置いてしまう 落ちては困るところに落ちてしまう ゴムテープなどで(ry いつもそこに物体を(ry 改造を行っちゃう どっちがいいか考えてみます 場所に応じて考えてみる必要があるかな。 高さを変えてしまう とっても簡易的 ものを置いてしまう 邪魔だけど、窓際のカーテンが遮蔽物になってくれるなどがあるとうれしいなと こういう風に玄関に荷物を置いては入れないようにする(これはやりたくないなぁ) 改造してしまう 後述 計測 高さをこんな感じで測ってみました。 ベランダへ行くときの段差 15mm キッチンへ行くとの段差 8mm 床と玄関の段差 19mm んで、ロボット掃除機のバンパー部分はおおよそ22mm。 おそらくなのだけどバンパーよりも低いから、段差を検出するセンサーの閾値を下回ってるのじゃろう。 玄関で暴れまわってバッテリー切れだと困るのでゴムテープをと考えましたが、2cm程度の段差を作るのは正直あれだなぁと思っております。 なので、作ろう これも作るリストへ入れておきますね。(それまでは段差作るテープでやろうと思いますが) 案を考えてみた 色々考えましたが、Arduinoなどを動作させられるようにして 光学系のセンサー等を用いて、車で使われるようなLINEを表示して検出する Arduinoからバンパー側のスイッチをONにする 何でその空間に入ったかを検出するかを考えないといけないなぁ。 Read more →

windowsでインタプリタの起動速度を測ってみた

pythonのインタプリタ遅いんじゃない?ってところが気になったので少し実験してみた 結果 なお、計測結果は安定しないのでちょうど中間っぽいところ何となく拾いました。(1度目) 言語 時間(ms) ruby 272.373 python 93.144 go 1355.1284(run) 367.953(build) 40.1265(exe) php 57.4034 なぜ書いた 今までWindowsでLL系の言語はインタプリタの起動が遅いと思っていたのだけど、触ったことがある言語で速度比較したらどうなるか気になったので書いた。 対象言語 python src ruby src go src php src 試験内容 hogeという文字列を出力するプログラムを実行する 実験方法 以下のコマンドを何回かたたき数値が安定したものを抽出(初回は理由は知らんけど、どうしても重たい) powershell -C Measure-Command {command} 結果 なお、計測結果は安定しないのでちょうど中間っぽいところ何となく拾いました。(2度目) python Measure-Command {python test_hoge.py} Days : 0 Hours : 0 Minutes : 0 Seconds : 0 Milliseconds : 93 Ticks : 931449 TotalDays : 1. Read more →

フリーランスのいろいろ

私はどこまでも人に恵まれていることに感謝しなければならない。 大したことがないエンジニアである自覚はあって、それに多くの言葉をかけてくれた人が今までいて私がある。 今回友人がフリーランスとして新規に入る私にいろいろなことを紹介してくれました。 経費の事・仕事の流れ・エージェントについて、どれがどこまで表に書いていい情報か分からないので伏せますが(業界的に書いちゃならんこともあると困るので) 私の知りたいことがそこにぎゅっと凝縮されていました。 いつかはそれを返していきたいです。 そして、スキルセットも陳腐化しているから更新したほうがいい。 これも指摘されないと苦戦したかもしれません。 次の案件はこなれた私のスキルセットで挑みます。 その話の前は、私のスキルセットは古いの「だろう」という状態でした。 「だろう」でも対策を打っていません。 会社員であれば、会社の求めるスキルセットであればいい。 それでビジネスは回るわけです。 しかし、フリーランスはそうもいきません。 派遣と同様、同じ職場にいても「同じ会社の仲間」ではないのですから、スキルセットが事業とずれたら「交換」が必要になります。 フリーランス知っている人からしたら当たり前じゃない?ってところを抑えられていない。 なので、しばらくは武者修行をしたいと思います。 1年程度回してみて、書いたらいいであろうことを書きたいと思います。 Read more →

pyenvインストール時のエラー(phpenv rbenv)

よくpyenvを使ってpythonをインストールする際にあれがないこれがないとエラーが出るのですが、都度都度対応していることが多いので、記載しておきます。 そもそもインストールしているもの anyenvではビルドがあるので、以下をインストール。 gcc make エラー内容 pyenv install 3.7.3 Last 10 log lines: sys.exit(ensurepip._main()) File "/tmp/python-build.20190523080604.16162/Python-3.7.3/Lib/ensurepip/__init__.py", line 204, in _main default_pip=args.default_pip, File "/tmp/python-build.20190523080604.16162/Python-3.7.3/Lib/ensurepip/__init__.py", line 117, in _bootstrap return _run_pip(args + [p[0] for p in _PROJECTS], additional_paths) File "/tmp/python-build.20190523080604.16162/Python-3.7.3/Lib/ensurepip/__init__.py", line 27, in _run_pip import pip._internal zipimport.ZipImportError: can't decompress data; zlib not available Makefile:1130: recipe for target 'install' failed make: *** [install] Error 1 zlib-devがない入れましょう。 sudo apt install zlib1g-dev pyenv install 3. Read more →

個人事業主開業したよ

去る2019/5/17、株式会社 ひけしやを退職いたしました。 今までいろいろご迷惑をかけながらシステム開発に携わらせていただき、本当に良い会社だったと、退職した後も思います。 退職した理由はいたって簡単でして、沖縄に帰ってからも継続的に仕事をして生活を送るためです。 そのためにはどうしても独立を挟んでおかないといけないと感じていました。(将来的にはもしかすると他の会社で働くことになるかもしれませんが、そこはまた先の話です。) で、前々から会社設立とか調べておりましたが、現時点では制限があるだけでよいことがないと判断し、個人事業主開業だからということでいろいろ調べ物を放置していました。 明日、開業届を出しに行くよーという段階まで来ましたので、調べてみることに。 個人事業を開始したい人必見!開業届とその他の申請書類の基礎知識 | クラウド会計ソフト freee 上記サイトに都道府県に対しても届け出を行ってくださいと記載があったので調べてみたところ。個人事業開始申告書(事業開始申告書、事業開始等申告書 等) あーなるほど。 開業する際にいくべきところ 税務署 都道府県税事務所 市役所 提出するべき書類 ここから先必要になる書類は家族と一緒にやるか、場所が違うかなどで変わるようなので、自身で調べたうえ手続きをしてください。(上記サイトにも記載がありました) 提出先: 税務署 個人事業の開業・廃業等届出書 所得税の青色申告承認申請書 これは、個人事業主の開業手続き、開業届作成を無料でサポート | 開業 freeeで質問事項に入力していって、PDF出力までしてくれるのでこちらを使用しました。 びっくりするくらい秒で終わりましたので、もし、これから開業届を出そうと思っている方は使ってみてください。 売上がちゃんと立つ目途が付いたら、そのままFreeeさんに経理周りはよろしくしたいと思っております。 提出先: 都道府県芸事務所および市役所 個人事業開始申告書 これは税務署から連絡がいくからやらなくてもいいらしい。 提出書類が思ったよりも少ないですね。 開業時に揃えたいほかの事 カード 個人事業主・自営業がクレジットカードを使い分け、仕訳するには | 法人カードナビ:個人事業主・中小企業社長に必要な法人カード これもメガバンクで一応申し込みをしました。審査結果は後日記載します。 口座 メガバンクで一応作りました。 これくらいかしら。 私の場合は、顧客先に行くこともあるだろうから、スーツのオーダー。。。。少しやせてからにしたいが、 開業後の動き 色々エージェントを回ってみて、自分に合いそうなところを探そうと思っているので、今からリストアップしなおしですね。 Read more →

HUGOでやってみた(PartII)

結論的なもの HUGOで以下の点が気になったのでやってみたという記事です。 デフォルトのhugo new するときのタグ設定はどこでやればいいの? Hugoで新規記事を作成するときのTips的なメモ - Qiita HUGOでシーケンス図を手軽に埋め込めないの? Hugoにシーケンス図を埋め込むその2 | κeenのHappy Hacκing Blog Hugoにmermaidを組み込んでみた - Qiita ほかにやっている人はおるようなので、やってみましょうという記事です。 作業内容的なもの 上記のサイトとほぼ同一ですが、作業内容を記載 hugo newするときの設定を変更する プロジェクト直下のarchetypes/default.mdを編集した。 --- title: "{{ replace .Name "-" " " | title }}" date: {{ .Date }} draft: true categories: ["", ""] description: "" image: "" tags: ["", ""] --- marmaid.js(シーケンス図を埋め込むためのjs)を配置 自分が使用しているhugoテンプレートから<head></head>で囲まれている箇所を確認。 私の使用しているテンプレート「hugo-theme-bootstrap4-blog」では、以下2点をコピー&書き換えとのこと。 layouts/partials/head-custom.html layouts/_default/single.html <link rel="stylesheet" href="https://unpkg.com/mermaid@7.0.4/dist/mermaid.forest.min.css"> <script src="https://unpkg. Read more →

IoTなものを作って電源を節約しよう。

ずっと考えていたのだけど、体調が整わず触らなかったものです。 内容は? RaspberryPi側が制御する際の指令を発する側(想定としては、IRもArduinoベースになると思うの) Arduinoがそれに使役されるデバイス扱いとなります。 各モジュールについて NRF24L01+ 無線通信を行ってくれる何かです。 調べたときに1:1の通信は可能だが、1:nの通信は不可能という記述がありました。 ドキドキしながら調べてみるとnRF24L01+を使ってArduinoで無線通信 - せとブログ ブロードキャストは可能ということで安心しました。(電源ON/OFFの情報だけを送付できればいい。) ただ、デバイスが増えてくると、これでは対応できないのは少し困りますね。。。。 Arduino側で固定で受け付ける指令は「これ」としておくしかないのでしょうか。(実際増やしたときに確認するしかないね) IR リモコンの代わりをしてくれるものです。 作成する際に自分の部屋のリモコンをArduino+IR受信機に向かって何度か確認を行いON/OFFを確認しました。 間違っても部屋の外から送信とかされたらたまらないなーとか思ったので数値は非公開で。 SSR ソリッドステートリレーです。 今回の電源操作する対象は、部屋の電気だけではなくて、パソコンの電源についても操作したかったのです。 具体的にはこの記事を書いているノートパソコンなどがつながっているものをON/OFF 今回使用するSSRキットはこちら。ソリッド・ステート・リレー(SSR)キット 25A(20A)タイプ: 組立キット 秋月電子通商-電子部品・ネット通販 ただ、今回使用するのはこれなのですが、20Aまでなので、自作PCの電源については操作難しそうです。(ワットチェッカーで200Wだから) CdSセル 光が当たると抵抗値が変わるはずの部品。 なぜか実験の最中は変わらなかったけど新しくパーツを取り寄せてみた。(これがないと部屋のうち1つはONするとき、OFFするときの確認すらできない) やることは これらを組み合わせて部屋のON/OFFを行うこと。 課題は? プログラムは書けるのだろうけど、問題は回路的なものだよね。 絶対何個かつぶして再発注かけることになるんだろう。 最後に 進捗はまたブログで書いていきますー。 Read more →

Pine64 Setup

たまに起動しなくなるので、前線を退かせていたPINE64をセットアップしてみます。 PINE64とは Pine64 の概要 結構性能がいいので、安定してくれるとすごいうれしいのだけどなぁ。 これは使い古しのタッパーに入れたPINE64の図 セットアップについて SDカードにイメージを焼きこむ balenaEtcher - Home Pine A64 Software Release - PINE64 これのArmbian(ubuntu bionic)を使用 単純にSDカードに書き込みするだけです。 簡単。簡単。 ログインについて イメージダウンロードページに記載されている、ログイン情報は初回ログイン時に変更するよ。 IP固定化について NetworkManagerがもとから入っているので、nmtuiを使って固定IPにする。 簡単だ。 まとめ Armbian前に動かしたときは結構もにょもにょしないと使い物にならない印象があったのだけど、今回やってみるとすごい簡単だった。 あとは、安定して動いてくれることを願うばかり。 Read more →